ページ

2012年3月28日水曜日

懐かしの炭酸飲料「パレード」


この記事は「 春の焼き直しまつり (2013)」によって書きなおされました。

新記事はちらからどうぞ (このページでも読むことができます。)



みなさんは「パレード」という飲み物をご存じだろうか。
以前にも記事内で紹介をしたが、今回は改めて紹介をしたい。



◯「パレード」って何?

パレードとは1965年に全国清涼飲料工業会が
全国の中小飲料会社から統一ブランドとして発売した飲料の名称である。

当時、日本には多くの小さな飲料会社があった。
しかし、その多くは、 家族経営であったり、販売エリアが小さかったりしたために、
戦後本格的に進出した、コカコーラ社などの大手飲料メーカーなどには敵わなかった。
そこで、大手メーカーに対抗するために、
中小の飲料企業が同じブランドを使って製品を製造したのが統一ブランドである。

つまり、複数の会社が「パレード」の名称で異なる飲料を売っていたわけである。
しかし、パレードを製造していた会社も
もともとが家族経営であったり、 販売エリアが小さかったりしたために、
今でも「パレード」を売り続けている会社は全国に数社を残すのみとなったのである。



◯「パレード」を求めて その1

さて、パレードについてはわかったが、
どこで飲むことができるのか。

話は変わるが、先日お台場へ行った。


お台場は良いところである。
スカイツリーも富士山も東京タワーも見える。
  


「台場一丁目商店街」というレトロチックなテーマパークもあって、
物珍しさから見て回っていたところ、外国人のお兄さんが、
ムーバーにまたがって自分のことを写真に撮っているのを見てしまった。


ちなみにまたがっていたのはウルトラマンだった。
Qちゃんは少し恥ずかしいのかもしれない。

「写真をお撮りしましょうか」と声をかけようと思ったが、
無理だった。外国人のお兄さんははしゃぎながらどこかへ行ってしまった。

私も帰ろうかな、と思った矢先である。
「パレード」を見つけたのだ。


写真右下、ファンタグレープのとなりに「パレード」が。
ついテンションが上がってしまい、
「これはパレードですか」と店員さんに尋ねてしまった。
はしゃぎすぎである。
この後ならきっと外国人のお兄さんに写真を撮ってあげることができただろう。


◯パレードを飲む 

さて、購入したのがこれ。
「New !! サワー」と書いてあるが、お気になさらず。
こういった瓶は再利用をして使われるのだが、瓶が足りなくなることも多々ある。
そういう時はどうするかというと、潰れた会社の瓶やほかのブランドの瓶を利用するのだ。
少々手荒かもしれないが、こういうことが身近なエコかもしれない。

  


今回のパレードは葛飾の水元飲料が製造。
王冠には無果汁の文字が。


実際に飲んでみると、甘いけれどべたべたしないすっきりとした感じがする。
たぶん「むかしのメロンソーダ」ってのはこれに近い。


こうなったら、やることはひとつ。
クリームソーダを作ってみました。
大変おいしゅうございました。


後編はパレード・ミルクセーキが登場します。 乞うご期待。 後半はこちらから





0 件のコメント:

コメントを投稿