ページ

2012年12月29日土曜日

鎌倉名物 「ミステリーゾーン」めぐり(後編)


タイプ2・3 円覚寺近くの自動販売機

円覚寺である。
鎌倉五山の第二位。堂々たる風格。
2時間ドラマのロケ地にはもってこいだろう。
まさにミステリーである。

そんな円覚寺の近くにもミステリーゾーンがある。

左から順に
500ml(ペットボトル)
500ml(カン)
350ml(カン)である。

500ml(カン) は、どうみても、コカ・コーラかアクエリアスが出てくるであろう。
ミステリーゾーンと銘打っておいて、何が出てくるか分かる。
本末転倒な気がしなくもない。


タイプ4 建長寺近くの自動販売機


建長寺は鎌倉五山の第一位。
けんちん汁の発祥の地が建長寺という説もあるくらい、
歴史が深いお寺である。



建長寺近くのミステリーゾーンは、
今までのものと打って変わって、黒い色をしている。
別の業者によるものだろうか。
それ以前に、名前が「ミステリー」になっているところも見ると、
どちらかが、真似をした可能性もありそうだ。

まさにミステリーである。

まとめ

鎌倉で見つけたミステリーゾーンはこれで以上である。
だがしかし、日本全国津々浦々
まだまだ沢山のミステリーゾーンがあるだろう。
今後も継続して、調査を続けたい次第である。

建長寺の近くには、このような謎の自販機もあった。


※自動販売機の中身は、随時入れ替わりますので
 もし、この記事に載っている場所にミステリーゾーンがなかったとしても
 当方では一切責任をとれません。あしからず。



鎌倉名物 「ミステリーゾーン」めぐり(前編)



鎌倉の自動販売機には「ミステリーゾーン」というものが存在する。
一見すると、 これは 「ミステリーゾーン」という名前のご当地飲料にも見えるが、
ところがどっこい、これは罠である。

ミステリーゾーンとは、
「どの飲み物が出てくるかわからない」という意味なのだ。
実際、ミステリーゾーンのボタンを押すと、コーヒーやジュースが出てくる。
いったい今までどれくらいの人がこの罠にはまったのだろうか。

今回は鎌倉市内に点在する「ミステリーゾーン」をめぐってきたので、
それらをご紹介したいと思う。

タイプ1 鎌倉大仏近くの自動販売機/
      鶴岡八幡宮近くの自動販売機


鎌倉大仏である。
やさしそうなお顔をしていらっしゃる。
しかし、この鎌倉大仏
いつどのようにしてつくられたかがまったくもってわからない。
まさにミステリーである。

そんな鎌倉大仏の近くに、最初のミステリーゾーンはあった。


最初の画像とまったく同じである。
読者の方には申し訳ない。
次の写真からは、ちゃんとした使い回しでないものが出てくるのでご安心を。

とはいえ、何が出てくるか確認の意味を込めて、
ためしにボタンを押したら、Qooのりんごが出てきた。

まさにミステリー。


鶴岡八幡宮近くの自動販売機にもこのタイプのミステリーゾーンがあった。
鳥居から鎌倉駅までをつなぐ道の途中を探せば、
あなたも、ミステリーゾーンに出会えるはずだ。



ミステリーゾーンの基本形はこの形である。  
赤から青のグラデーションが、色褪せてしまっているところが
ミステリーっぽいゆえんであろう。

さて、ミステリーゾーンの基本形が分かったところで、
次からはちょっと変わったタイプのミステリーゾーンをお見せしよう。




2012年12月16日日曜日

イトーヨーカドー土浦店がお別れイルミネーション


2013年2月に、土浦駅前のイトーヨーカドーが撤退する。

全国の地方都市で、中心市街地の空洞化が叫ばれる昨今であるが、
土浦はその典型的な例である。
京成百貨店(1989年撤退)、西友(1998年撤退)、小網屋(1999年撤退)、丸井(2004年撤退)等々…
かつては駅前にも多くの百貨店があったのだが、
撤退に次ぐ撤退で、残ったのはいよいよイトーヨーカドーのみとなった。

イルミネーションの「ありがとう15年」 (旧店舗からは39年) は、
その言葉以上にぐっとくるものがある。

通常の土浦駅前
イトーヨーカドー撤退後の建物には、市役所が移転してくるらしい。
見慣れた風景がなくなると思うと、しみじみ悲しいものである。


さようなら、ヨーカド―