ページ

2012年12月29日土曜日

鎌倉名物 「ミステリーゾーン」めぐり(前編)



鎌倉の自動販売機には「ミステリーゾーン」というものが存在する。
一見すると、 これは 「ミステリーゾーン」という名前のご当地飲料にも見えるが、
ところがどっこい、これは罠である。

ミステリーゾーンとは、
「どの飲み物が出てくるかわからない」という意味なのだ。
実際、ミステリーゾーンのボタンを押すと、コーヒーやジュースが出てくる。
いったい今までどれくらいの人がこの罠にはまったのだろうか。

今回は鎌倉市内に点在する「ミステリーゾーン」をめぐってきたので、
それらをご紹介したいと思う。

タイプ1 鎌倉大仏近くの自動販売機/
      鶴岡八幡宮近くの自動販売機


鎌倉大仏である。
やさしそうなお顔をしていらっしゃる。
しかし、この鎌倉大仏
いつどのようにしてつくられたかがまったくもってわからない。
まさにミステリーである。

そんな鎌倉大仏の近くに、最初のミステリーゾーンはあった。


最初の画像とまったく同じである。
読者の方には申し訳ない。
次の写真からは、ちゃんとした使い回しでないものが出てくるのでご安心を。

とはいえ、何が出てくるか確認の意味を込めて、
ためしにボタンを押したら、Qooのりんごが出てきた。

まさにミステリー。


鶴岡八幡宮近くの自動販売機にもこのタイプのミステリーゾーンがあった。
鳥居から鎌倉駅までをつなぐ道の途中を探せば、
あなたも、ミステリーゾーンに出会えるはずだ。



ミステリーゾーンの基本形はこの形である。  
赤から青のグラデーションが、色褪せてしまっているところが
ミステリーっぽいゆえんであろう。

さて、ミステリーゾーンの基本形が分かったところで、
次からはちょっと変わったタイプのミステリーゾーンをお見せしよう。




0 件のコメント:

コメントを投稿