ページ

2012年12月29日土曜日

鎌倉名物 「ミステリーゾーン」めぐり(後編)


タイプ2・3 円覚寺近くの自動販売機

円覚寺である。
鎌倉五山の第二位。堂々たる風格。
2時間ドラマのロケ地にはもってこいだろう。
まさにミステリーである。

そんな円覚寺の近くにもミステリーゾーンがある。

左から順に
500ml(ペットボトル)
500ml(カン)
350ml(カン)である。

500ml(カン) は、どうみても、コカ・コーラかアクエリアスが出てくるであろう。
ミステリーゾーンと銘打っておいて、何が出てくるか分かる。
本末転倒な気がしなくもない。


タイプ4 建長寺近くの自動販売機


建長寺は鎌倉五山の第一位。
けんちん汁の発祥の地が建長寺という説もあるくらい、
歴史が深いお寺である。



建長寺近くのミステリーゾーンは、
今までのものと打って変わって、黒い色をしている。
別の業者によるものだろうか。
それ以前に、名前が「ミステリー」になっているところも見ると、
どちらかが、真似をした可能性もありそうだ。

まさにミステリーである。

まとめ

鎌倉で見つけたミステリーゾーンはこれで以上である。
だがしかし、日本全国津々浦々
まだまだ沢山のミステリーゾーンがあるだろう。
今後も継続して、調査を続けたい次第である。

建長寺の近くには、このような謎の自販機もあった。


※自動販売機の中身は、随時入れ替わりますので
 もし、この記事に載っている場所にミステリーゾーンがなかったとしても
 当方では一切責任をとれません。あしからず。



0 件のコメント:

コメントを投稿