ページ

2013年2月12日火曜日

懐かしの飲み物「パレード」ふたたび 後編

◯「パレード」を求めて その2

さて、お台場で「パレード」を手に入れた私だったが、
それ以来出会うことはなかった。
そもそも、情報量が少ないのである。
なんてったって「パレード 飲み物」で検索して、トップに出てくるのがこのブログというありさま。

しかし、パレードをインターネット上で買うことはできる。
広島の宝積飲料版がAmazonなどに流れているのだ。
ただ、購入するには1パック単位で注文しないといけない。

買おうか、買うまいか、悩む日々であった。


話は変わるが、大阪・道頓堀にやってきた。

何年かぶりの道頓堀だが、すっかりきれいになった気がする。
道頓堀川をプールにするなんて話も出たぐらいだから、
きれいでなくては逆におかしいんだろうけど。



そこで出会った、黄色い自販機。
なかにはなんとパレードが。最もメジャーな宝積飲料版のミルクセーキである。



残念ながら、  宝積飲料版のパレードは瓶ではなく缶。
「復刻版」と銘打っているから、もともとは瓶だったんだろうけど、
やはり瓶で生産を続けるのは厳しいのか。 


裏には「パレード」ができた過程が。
なんと最初期には80社がパレードを生産していた模様。

味は昔ながらで甘めのミルクセーキ。
ミルクセーキといえば、Dydoが「復刻堂」ブランドで出していたことが記憶に新しいが、
それよりも甘さがきつく、舌に残る感じであった。


○まとめ
さて、パレードであるがインターネットで検索をかけると
製造をしているかもといえるのが以下七件。

城南鉱泉所(京都)・東北食産(仙台)・仁江 勇飲料(今治)
川崎飲料(川崎)・大川食品工業(大阪)・兵庫鉱泉所(兵庫)・中元本店(呉)

このうちいくつの会社が今も製造を続けているのであろうか。

今後とも、パレードを求めて情報収集に努めたい所存である。

0 件のコメント:

コメントを投稿