ページ

2013年4月19日金曜日

すごろく小説に明日はあるか (前編)

すごろくのイメージ(フリー素材)
予測変換機能というものがある。
これから何を入力するか、予測して、提案をしてくれるのである。

これは使えそうだ。予測変換を使って、小説を書いたりしたら面白いのではないか。


◯ルールを作る

ひらがな50音表(フリー素材)
さて、予測変換を使って小説を書く前に細かいルールをつくっておこう。
例えば、今、わたしが「る」の文字を入力したら、候補の一番上に「ルール」が出てくるはずだ。
予測変換は、辞書と入力履歴から作られるらしいので、
これをなんとかランダムに引き出すことが出来ないか。

そこで登場するのが、サイコロと50音表である。

なぜそうなったかは省略するとしてルールは以下のとおり
1 50音表をすごろくに見立てサイコロを振り、「あ」から「お」「こ」から「か」という順にコマを進める
2 止まったマスでもう一度サイコロを振り、出た目だけ変換順位を下げて、その語句を取り出す
  (つまり、予測に「山・山田・野菜・山梨・屋」と出ている時「3」を出したら3番目の「野菜」を使用)
3 1と2を繰り返し「ん」のマスに止まったら終わりとする。(んを通り過ぎたらもう1周)
4 最終的に出たきた単語を使用して小説を作る。

と、まぁこんなかんじで。
濁点や半濁点は同じ文字が偶数回出てきた時につけることとして、
不具合が出てきたらその都度調整すればいいので、まぁぼちぼちやってみますか。


◯実践

1文字目

サイコロを振る。「5」だ。
「あ」をふりだしにして、い、う、え、お、か。「か」でとまる。

再びサイコロを振る。「1」だ。
予測変換は『から』である。よく使いそうな単語であるからここに出てきたのか。

2文字目

サイコロは6と1 予測変換は「と」である。名詞と助詞の区別をつけたほうがいいのかもしれない。

3文字目

サイコロは3と6 予測変換は「ちょっとそれはさすがに乱暴すぎるだろ」である。
なにが乱暴なのかさっぱり分からないが。これはもしかすると、入力履歴から出た言葉ではないか
だとすると、私が会話している、彼(もしくは彼女)が乱雑な人間だとバレてしまうではないか。
ちょっとそれはさすがに乱暴すぎるだろ。
乱暴のイメージ(フリー素材・〈リンク〉)
4文字目

サイコロは1と2 予測変換は「高さで言うと」である。
はてそれは、スカイツリーか自由の女神か、どれくらい大きいのかは分からない。
もしくは気温か何かを指すのかも。エジプトの気温とかのことを。
え、エジプトの気温ってどれくらいって?高さで言うと、21℃(本記事執筆時)

エジプトのイメージ(フリー素材・写真はマヤ遺跡)
5文字目

サイコロは6と5 このサイコロ重心がずれているのではないかとそろそろ疑い始める。
予測変換は「法律で禁止されている行為のはずだが」である。
まずい。これはまずい。「乱暴」がさっき出たばかりなのに。
予測変換君は、何を言っているんだ。
まずい。非常にまずい。これは「あれ」をしなければならなくなる。
まぁ、「あれ」は法律で禁止されている行為のはずだがなんとかなるだろう。

6文字目以降は後半へ続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿