ページ

2013年8月5日月曜日

坂本竜馬の500円玉があるのだ。

●導入
今回はこんな写真ばっかりです。

みんな、お金使ってる?


銀行に預金してるよ!ってひともいれば、
使える量が少ないなんて嘆いている人もいるけど、

やっぱり気になるのは、お金の絵柄だよね。

外国の貨幣なんかには人物が描かれていることが多いけど、

日本の偉人は紙幣のみに活動を限定している気がする。


日本では硬貨に肖像画が使われない!

それはなぜか?

日本人の気質が、偉人を手垢にまみれさせることをよく思わなかったのである。
そこで日本の貨幣は花柄などを使うようになったらしい。


しかし、時代が変わり、日本にも肖像画の描かれている貨幣が登場したのだ!

え、誰って?
坂本龍馬、大隈重信、双葉山、伊達政宗、白瀬矗……

え、うそをいうんじゃない?
最後の人だれって?





●なぜ今、龍馬なのか?

えっ、500円玉って桐の花が書いてあるよね
知らないうちに変わってることはないだろとお思いのみなさん。

至極まっとうですが、
日本には一般に流通している硬貨とは別に記念貨幣というものがあるのです。

あぁ、そういえばそんなものあったなぁ
東京オリンピックのときに手に入れたっけなんて思い出しているかもしれません

記念貨幣は国家レベルの大きな行事があった時に発行されるようになっているのです。

じゃあなんで、龍馬の記念貨幣が出るの?
龍馬の記念貨幣(500円)は2010年7月発行だから

NHKの大河ドラマ龍馬伝(2010年1~11月放送)に合わせたのか!

だとしたら、平清盛とか篤姫とか新島八重の記念貨幣も出てないとおかしいぞ

なぜ龍馬は記念貨幣になったのか





●実はシリーズ物だった記念貨幣

財務省の記念貨幣のページをみてみると、
今まで発行された記念貨幣が写真付きで見られるが、ひとつおかしいことがある。
龍馬の記念貨幣が見当たらないのだ!

それもそのはず、龍馬の記念貨幣の記念貨幣は通常の記念貨幣とは趣旨が違うのだ。
ページを下へスクロールすると「地方自治法施行60周年記念貨幣」のみ別個にページが用意されている。
龍馬の記念貨幣はこの 「地方自治法施行60周年記念貨幣」 のひとつなのである。


実はこの 「地方自治法施行60周年記念貨幣」の発行は

今までの記念貨幣の概念を覆す大プロジェクトである。
なんてったって規模が違う。

全国47都道府県をモチーフにした硬貨を8年間(2008~2016)かけて作るのだ。




こうして龍馬は高知県の記念貨幣(額面は500円と1000円がある)として、
日本で始めて実在の人物が硬貨になったわけである。




●まだある 地方自治法施行60周年記念貨幣



決して龍馬とは同じ写真ではない大隈重信

高知県があるなら他の県のもあるはず。
肖像画が使われているのはほかに
大隈重信(佐賀県)、双葉山(大分県・1000円のみ)
白瀬矗(秋田県)、伊達政宗(宮城県・1000円のみ)などが存在する。


ご当地を代表するそうそうたるメンバーのはずだが、

白瀬矗のみピンと来ない。


調べてみると、白瀬は南極を探検した人とのこと。

そういえば南極観測船「しらせ」は結構有名じゃないのか


また今後発行予定のものに、桃太郎(岡山県・1000円のみ)なんてのもいる。
犬・猿・雉もちゃんとお供をしてるという。


肖像画以外にも風景や地域の名産品がモチーフとして使われているが、
なかにはこんなものもある。



恐竜(福井県)とビワコオオナマズとニゴロブナ(滋賀県)である。

もっと他に何かあったのではないかという気もしなくもない。

ほかにも以下のような記念貨幣があるのだが、

青森県 三内丸山遺跡と土偶
島根県 銅鐸とその文様・絵画
大分県 臼杵磨崖仏  
宮崎県 宮崎県庁本館

確かに文化財としては価値が高いが、果たしてその県を代表するものがそれでいいのか……


●まとめ
アメリカでは50の州をモチーフとした25セント硬貨を10年かけて(1999~2008)
発行していたが、こちらは1種類につき5~10億枚程度もの数が作られているので、
広く国民に知られている。(そもそも記念貨幣ではない)

それに対して日本の 「地方自治法施行60周年記念貨幣」は1種類につき200万枚程度しか
発行されないのだ(通常の500円玉は年間数億枚作られている)

なんだか勿体無い気がするのは私だけだろうか。

せっかく47都道府県の記念貨幣をつくるのだから、
もっとたくさんつくって、どんどん流通させればいいと思うんだけどな。